未就園児プログラム

あしたの保育

5月

年間主題
聖句「私は道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。」
ヨハネによる福音書14章4~6節


「天に輝くあなたの威光をたたえます 幼子、乳飲み子の口によって。」
詩編8編2~3節

園長 藤崎 義宣

「五月の風のなかで」

桜の季節も終わり、新緑がまぶしい季節となりました。5月の空にこいのぼりがゆうゆうと泳いでいます。こひつじ幼稚園の新年度が始まって、ひと月が経ちました。

この間、入園したばかりと思った年少さんたちも、元気に遊び始めました。これからが楽しみです。ゆっくり、じっくり、のびのびと成長していってほしいと思います。
 子どもたちは、幼稚園になじみ、安心感が生まれてくると、遊びに夢中になり始めます。遊びは、子どもたちにとっては一番の学びであり、学習です。遊びの中で、しぜんと集中力を身に着け、自分の感情や考えを表現したり、お友だちや自然や秩序や法則を感じ、受け入れ、理解し始めます。まさに人間の知的な活動や情緒、生き方、感性、人間関係、人格の形成の基礎とあらゆる可能性は、幼児期に整えられていきます。

子どもにとっては、一日一日、一瞬一瞬がとても大切な喜びや悲しみ、驚きや感動の時なのです。子どもはいろいろな体験をとおして育っていきます。心も体も頭もすべてをつかって、いっしょうけんめいに遊びこんでいってほしいと思います。楽しく遊ぶことは、これからの時代を生きていく上に必要ないのちの力を養います。

礼拝の時間も、年中さん年長さんでいっしょに聖書のお話を聞いています。みんな真剣にお話に耳を傾けることができるようになってきました。聞くことから、考える力、理解する力、想像力を働かせて心と魂が養われることが起こります。人を生かし、自分も生きる知恵と人格が創られていきます。年少さんたちも礼拝の時間がはじまりました。幼い心に、生きていることの不思議、神様の思い、人と救いのドラマが入っていってくれると良いなと思います。

5月は親子遠足が予定されています。新緑の中で、みんなで楽しい時間を過ごします。5月の新鮮な風の中でいっぱい空気を吸いましょう。耳を澄ますといろんな音が聞こえてきます。子どもたちの声、小鳥たちの声、草花のささやき、川の音、風の音、それらはみんないのちの営み、自然の恵みです。それらをみな創り出し、命を吹き込む、大いなる神さまの業、時には立ち止まって眺めてみましょう。

5月の風の中で、子どもたちと絵本やお話に目を止めてみましょう。豊かな世界、豊かな生活が発見できるかもしれません。

今月の保育内容

年主題
さあ、漕ぎだそう 奏でよう
~希望の中で~

●年長(すずらん)月主題:うごきだす

保育内容 今月の歌
☆ 友だちや保育者と楽しく過ごす中で新しい環境に慣れ、年長組になった喜びを実感する。
・自分の居場所を見つけ、安心して過ごす。
☆ 今まで親しんできた遊びを十分楽しむ。
☆ 神様に守られていることを感じる。
・つくしのように
・ピクニック
・手のひらを太陽に

●年中(つくし)月主題:うごきだす

保育内容 今月の歌
☆ 保育者や友だちと一緒に遊びや活動をのびのびと楽しむ
☆ 身近な自然に触れ、戸外で遊ぶ開放感を味わう
  ・遠足や散歩に出かけ、植物や虫に親しむ
  ・草場を遊びに取り入れたり、栽培物の世話をしたりする

・つくしのように
・ママとゴーゴー
・ホ・ホ・ホ

●年少(ひよこ)月主題:うごきだす

保育内容 今月の歌
☆ 好きな場所や遊びを見つけて、安心して過ごす
☆ 友だちや保育者に安心感をもち、のびのびと遊ぶ
☆ 身近な自然に触れ、親しみをもち観察する
☆ 遠足を楽しみに待って、当日は親子で楽しむ

・つくしのように
・かわいい かくれんぼ
・えんそくにいこう!

●満3歳(ぶどう)月主題:よろしくね

保育内容 今月の歌
☆ 保育者や友だちに出会い、安心して過ごす
☆ 幼稚園の環境の中で好きなことや好きな場所を見つける

・つくしのように
・うまれるまえから
・おつかいありさん
・おはながわらった