未就園児プログラム

あしたの保育

9月

年間主題
聖句「その人は流れのほとりに植えられた木。」詩編1編3節


「主がすべての災いを遠ざけて、あなたを見守り、あなたの魂を見守ってくださるように」詩編121編7節‬‬‬‬‬‬‬

園長 藤崎 義宣

「二学期のはじまりに」

夏休みが終わりました。今年の夏は、東京オリンピックを含めていろんなことがありました。新型コロナウイルスの感染拡大の中での夏休みでもありました。それでも、この夏休みには、ご家族とのたくさんの体験とよい思い出となる出来事にも恵まれたことと思います。

2学期は開始を延期しての始まりとなりました。幼稚園関係者にコロナ陽性者がでましたために、大変ご迷惑とご心配をおかけしましたことを心からお詫びいたします。新学期開始を翌週に延ばして、感染予防の対策をしてからの保育となります。

この二学期は感染拡大に最大に気をつけてのスタートとなります。特にウイルスがデルタ株へと置き換わってきておりより感染力が強く、子どもたちや若い世代の人への感染も広がってきています。従来のウイルスへの対応よりももっと注意していかなければなりません。
発熱がある場合や体調の悪化の際は、無理に登園しないようにしてください。登園時の検温、手洗い、体調チェックをお願いします。
毎年8月の日曜日午後に卒園した小学生のために、同窓会をしています。今年は8月22日に小学校1、2年生とこひつじ幼稚園での最後の同窓会となる6年生に集まってもらって、同窓会を開きました。
小学生たちは元気な顔で集まってくれました。みんな大きくなり、素敵なお兄さんやお姉さんになっていました。短時間の同窓会でしたが、写真の撮影をして楽しい時を過ごしました。

今日から2学期が始まります。夏休みに養った力をそれぞれ出して成長していってほしいと思います。秋は子どもたちにとって心も体も大きくなり、またお友だちとの関係も深まっていく季節です。コロナ禍の為、時には二学期の計画や準備を変えなくてはならないこともあると思いますが、その中でも子どもたちの成長と可能性に最大限の配慮をしながら、保育に取り組んでいく日々が続きます。
夏休みに、規則正しい生活のリズムが乱れてしまったご家庭は、この機会に生活を整えて立て直しましょう。
なかなか先の見通しのきかない時を過ごしていますが、このような困難や苦しみが、子どもたちにも大人にも大切な時となりますように。

 

今月の保育内容

年主題
共に喜んで ~すべての歩みの中
月主題
心かよわせて

●年長(すずらん・ひまわり)

保育内容 今月の歌
☆ 友だちと互いに思いや考えを伝えたり聞いたりして、遊びを深める。
☆ 共通の目的に向かって、みんなで取り組む楽しさを味わう。
 ・運動会を楽しみに待ち、自分の力を充分に発揮して自信につなげる。
・あるこうみんなともに
・ハッピーチルドレン
・ともだちさんか


●年中(つくし・めだか)

保育内容 今月の歌
☆ 園生活のリズムを取り戻し、見通しをもって生活する。
・夏休みの経験を友だちや保育者と話したり、聞いたりする。
☆ みんなで力を合わせてはじめての運動会に期待を持って取り組む。
・友だちや保育者と身体を動かすことを楽しむ
・あるこうみんなともに
・とんぼのめがね
・はしるのだいすき

●年少(ひよこ・うさぎ)


保育内容 今月の歌
☆ 園生活のリズムを取り戻し、安心して過ごす。
・1学期の遊び、生活を思い出し、友だちや保育者と関わる。
☆ 活発に体を動かし、戸外で遊ぶ。
・みんなで運動会に参加して楽しむ。
・あるこうみんなともに
・うんどうかい
・いぬのおまわりさん
・ふしぎなポケット